投資をするなら海外不動産がベスト|必ず儲かる

貯金箱

保証人要らずの賃貸経営

家賃債務保証は、賃貸住宅における家賃債務を、専業の保証会社が引き受けるという制度です。連帯保証人に頼らずとも債権の確保が図れるとして、家主の間で人気が高まっています。連帯保証人を立てられない事情を持つ入居者にとっても、歓迎すべきサービスとなっています。

マネー

楽できるが収益が少ない

サブリースは転貸借契約です。物件の管理を行わず毎月一定のサブリース料が入ってくることに魅力があります。新築物件が基本ですが、会社によっては、中古物件や既存物件でも利用できる場合があります。しかしリース料は安くなっています。

海外に目を向ける投資家も

男の人

アジアの地域は特に人気

不動産は投資先の一つですが、日本国内では震災の影響などを受けて投資する人が少なくなっています。不動産価格も下落しており、日本では不動産は人気の投資ではなくなりつつあるのです。代わりに投資家が目を向けるようになっているのが海外不動産です。投資先としては様々な国がありますが、海外不動産の中でも特に注目度が高くなっているのがアジアの地域です。日本と比べるとアジアの地域はまだまだ物価も安く、不動産価格も安くなっています。そのため、一等地であっても日本では考えられないような安い価格で購入することも出来るようになっています。そのため、資金の面で国内の投資は難しいという人でも海外不動産であれば手を出しやすいということで人気となっているのです。また、世界の中でもアジア地域は近年発展が目覚ましい地域であるために投資先としてはとても有望だということも海外不動産の中でも人気となっている理由でもあります。今はまだ物価も安く不動産価格も安いアジア地域ですが、これから価格が上昇する可能性も高いとされているために投資家の間で人気があるのです。また、アジア地域は高齢化社会となっている日本とは違って若い世代も多く不動産の需要も高いとされています。日本は住宅購入層と考えられている世代が減少してしまっているために、不動産の需要も減っているのが現状です。一方でアジア地域では住宅購入層が多いために不動産価格の上昇も見込まれているのです。

マンション

日常管理や修繕に使用

不動産投資で難しいのが、管理費用の設定です。マンション管理を外部会社に委託しているケースでは当然のように高額になります。24時間体制の管理などではさらに高額になります。また修繕費用の積み立てなどにも使用されます。