投資をするなら海外不動産がベスト|必ず儲かる

保証人要らずの賃貸経営

貯金箱

債権を確実に保全できる

近年、普及が進んでいる不動産関連サービスの1つに、家賃債務保証があります。家賃債務保証とは、賃貸住宅において入居者が負う家賃の支払い債務を、第三者が保証する制度です。具体的には、家賃保証会社または賃貸保証会社と呼ばれるサービス業者が手がけます。通常、家賃の支払いは入居者の親族などの中から選任された連帯保証人によって保証されます。しかし連帯保証人は個人であるため経済状態が安定しているとは限らず、また入居者によっては適任者が身近にいないケースもあります。しかし、専門事業者である保証会社を利用すれば、より信頼性の高い者に支払い保証を引き受けてもらえることになります。また、連帯保証人を立てられない者の賃貸利用を促す契機にもなります。家賃債務保証は、家主が保証会社の利用を条件として入居者を募集し、入居希望者がそれに応じる形で導入されるのが一般的です。その際、保証会社は入居希望者の身元や収入等をチェックし、保証を行うに適当な人物であるかどうかを審査します。審査の結果、利用可能となれば、賃貸借契約とは別に保証会社と家主及び入居者との間で保証契約が結ばれます。保証開始に当たっては、入居者から保証会社に対する保証料の支払いが必要となります。家賃債務保証の具体的なやり方については会社ごとに異なりますが、主流となっているのは保証会社がいったん入居者から毎月の家賃を収納し、家主に納付するというスタイルです。滞納があった時は保証会社が家主に対して立替払いを行い、後日入居者から取り立てます。