任意売却することで得られるメリットやデメリット

任意売却とは?

任意売却とは、福岡や熊本などで購入したマンションなどのローン支払いが追いつかずに、売却することになります。その時に、ローン会社が強制的に売却するのではなく、自分で売ることができますが、このことを任意売却といいます。強制的に売却されるよりも、高く売ることができるので、とても注目されている取引です。

任意売却をするデメリット

  • 仲介手数料が発生する
  • 必ずしも任意売却できるわけではない
  • 交渉している間住宅ローンの支払いを止める必要がある

任意売却することで得られるメリットやデメリット

家の模型

市場価格に近い金額で売却できる

任意売却のデメリットを紹介してきましたが、それを上回るほどのメリットがたくさんあります。まず一つ目のメリットは、市場価格に近い金額で売却できるので、残った住宅ローンの負担が軽くなるということです。もし強制的に売却することになれば、競売で安く取引されることになります。ですが、任意売却では競売じゃなく通常の販売を行なうので、高く売れる傾向にあります。

住宅

無駄な費用が掛からない

競売で売却することになると、落札されるまでの期間に毎日15%ほどの遅延損害金が発生してしまうので、残った住宅ローンがどんどん増えていってしまいます。ですが、任意売却ではそのような費用を負担する必要がなくなるので、債務がどんどんと増えていくといった心配をする必要がありません。

つみき

ローン会社の許可が必要

任意売却をするためには、債務者とローン会社の間に入る仲介業者が必要になります。仲介業者がローン会社に交渉して、許可を貰うことにより任意売却をすることが可能になります。この時にローン会社からの許可が貰えないと、任意売却をすることができないので、仲介業者は実績のある所を選ぶようにしましょう。

不動産売却した方の口コミ

任意売却に成功しました

住宅ローンの支払ができなくなってしまい、なくなく購入したマンションを手放すことになりました。不動産会社の方から任意売却を勧めてもらい、仲介業者の指導の元任意売却することにしました。ローン会社からの許可が貰えて、それから3ヶ月後には任意売却することに成功しました。

広告募集中