投資をするなら海外不動産がベスト|必ず儲かる

日常管理や修繕に使用

マンション

費用の相場決めが難しい

不動産投資においてマンション管理費は実際の管理にかかる費用や将来的に必要とされる修繕費の積み立てなどに利用されるケースが多くなっています。家賃はユーザーにとってシビアなものです。少しでも安い物件を探す人も多くなっています。そのため、賃料を安くする代わりにマンション管理費に上乗せするケースなどもあるため、注意しなければなりません。マンション管理費はマンションの一室を不動産投資として活用している場合には、すでに既存のマンションから請求されている管理費を計上しなければなりませんので、上乗せや値引きなどをすることはできません。しかしマンション一棟のオーナーであれば、このマンション管理費を自由に設定することができるのです。基本的にオーナー自身がマンション管理を行っている場合には、安く、管理会社に委託している場合には、高額になるケースが多くなっています。そのため、管理費用にも注目することが大事なポイントになります。特に24時間体制で管理人が常駐しているケースなどは管理費用が高くなりがちになります。これは戸数にも影響します。戸数が少ないと一人当たりにかかる負担割合が多くなります。しかし数が多ければ、一人当たりの負担は小さくなります。安ければ良いというものではありません。将来的に修繕などを計画していることが理想なのですが、安い場合には、積み立てを行っていないケースもあります。いざ修繕時に高額な修繕費用を請求されるケースもあるのです。