投資をするなら海外不動産がベスト|必ず儲かる

楽できるが収益が少ない

マネー

値下げ率に注意する

サブリースは転貸借契約で不動産投資を行う方法です。一般的に新規物件を契約することが多く、中古物件や既存物件を契約することはできません。しかし最近のサブリースでは、これらの枠にはまらず、中古物件や既存物件でもサブリースできるような仕組みを用意している会社があります。自分で物件を管理したりする必要がない分サブリースはお得です。転貸借契約の料金が支払われるのですが、自己管理するよりは、収入が少なくなります。一番苦労するのは更新後の値下げです。新築物件の場合には、需要も多く高値で取引される傾向にあるため、転貸借料金も高く支払われます。しかし、築年数が経過すると需要が低下するため、値下げが行われます。主に、二年契約になっていることが多く、長期契約を結んでいても、二年ごとの契約更新に悩まされることになっています。サブリースを利用して後悔する人はこの値下げ幅が大きく、収益が少なくなることです。そのため、契約前に、値下げ率の低い会社を選ぶなどの戦略や工夫が必要になるのです。既存物件や中古物件を転貸借する際には、初期の料金から安くなっていることが多くなっています。ローンなどを抱えている場合には、元を取ることができないケースも少なくありません。よほどの価値がないとサブリースのメリットを受けることはできないのです。そのため、サブリース目的を考えているのであれば、新築物件を中心に探すことが大事なポイントになります。